メガネならではのディテール「彫金」

query_builder 2021/09/17
BLOG
AA1866A7-D21A-4249-831A-44185882A8DF

みなさんこんにちは。中山です。

今回は、メガネのディテール「彫金」について書いていきます。


メガネ、今回は主にメタルフレームに関して。

テンプルや、フロントに細かい細工が施してあるフレームが多数あると思います。細かすぎてなかなか見落としてしまうことも多いかもしれませんが、そのようなディテールにこそメガネの美しさがあります。その彫金について紹介していきます。


B47AD66A-8592-4B21-AE2B-5D952E35628A

彫金はモデルごとでも違いがあります。昔あった彫金を再現する場合もあれば、オリジナルで新しく起こすこともあります。今デジタルが主流の中、少ないながら手で彫金を起こす彫金師の方もいます。そういった人の手が加わったものは他のものとは一線を画すものです。


40B9925C-4363-4082-8CEB-5307D1CFE2E5

コンビフレームのつる(テンプル)部分に刻まれていることもあります。こちらはアメリカのブランドらしくアメリカンアクセサリーのような彫金が特徴的です。


IMG_5304
IMG_7959

細かいパーツに彫金が入っていることもあります。こういう見えない部分にこそ、そのブランドのこだわりがつまっています。こだわりが多ければ多いほどラグジュアリーで他とは一線を画すブランドになっていきます。ぜひ直接みて感じて、直接試して感じてください。


DOWNTOWN

中山

NEW

  • 「TBD EYEWEAR」人気モデル “ Welt ”

    query_builder 2021/10/07
  • 「TBD eyewear」オーダーイベントを開催いたします!

    query_builder 2021/09/29
  • JACQUES MARIE MAGE(ジャックマリーマージュ)「NIKI」

    query_builder 2021/09/23
  • メガネならではのディテール「彫金」

    query_builder 2021/09/17
  • 曇り止めの最適な使い方

    query_builder 2021/09/09

CATEGORY

ARCHIVE